奨学金の仕組み

初学金にはいくつもの形態があり、公的機関、民間機関という括りや貸与型、給付型、それに加えて無利子、有利子などの物があります。
給付型に関しては返済を行う必要は無く完全に貰ってしまうものだと考えて問題ありません。
逆に貸与型の物に関しては一定期間後に返済をしていく必要があります。
その際に無利子の物であれば貸与された分の返済をしていき、有利子型では利子を含めたものを返済していくこととなります。

  
奨学金は経済的に就学困難であり、且つ意欲のある学生の為にあるものですからその条件に沿っているほど返済の義務や、利子の有無の条件は緩くなっていきます。
具体的には経済的に就学困難な状況で、学校での成績の良い生徒ほど給付型の物を受けやすくなり、逆に家が経済的には一定の余裕があり、成績が良くなければ奨学金を受けること自体が難しくなります。
奨学金を受ける流れとしては入学前や入学後に申請をして、その後受理された場合は月々、または一括で奨学金が振り込まれるようになり、就学期間が終わってから返済を開始していくと言った形になります。

奨学金を受けたいと考えた場合は、地域でのものや国を挙げて行っているもの、または学校ごとの物など多くの奨学金制度が存在しています。
そのためどれかの条件には適応していなかったとしても、一つの物だけにこだわるのではなく、お子さんの修学をサポートするためにいくつかの条件の奨学金制度を確認していくことが大切です。



<外部リンク>
奨学金の他に学生ローンという融資の方法もあり、参考になります →→→ 学生ローン

Copyright © 2014 奨学金はどんな仕組みで動いている All Rights Reserved.